浄水器の据え置き型の特徴と選び方

浄水器の据え置き型は水道水に含まれている不純物を除去することで、よりおいしい水を使うことができるようにするアイテムで、水道の蛇口と本体をホースでつないで水を通すようにしているのが特徴です。

キッチンで使用する場合、本体をシンクの近くに設置することが多いため据え置き型と呼ばれています。フィルターを通した浄水と通さない原水は切り替えて使うことができるので、料理や飲用水としては浄水を使い、掃除や皿洗いなどには原水を使うといったように使い分けることも可能です。浄水器の据え置き型は、アルカリイオン水を作ることができる機能があるモデルもあります。比較的高性能なので、手軽なピッチャー型や蛇口型のものと比べると本体の値段も高い傾向があります。しかしフィルターの交換頻度はピッチャー型や蛇口型よりも少なめのため、あまりカートリッジの交換に手間がかからないのが魅力です。

アンダーシンク型と呼ばれるシンク下に取り付けるタイプのものや、セントラルタイプという屋外に設置して家じゅうの水を浄水にすることができるタイプに比べると、浄水器の据え置き型は取り付け工事を依頼する必要がないので手軽に導入できますが、ピッチャー型や蛇口型に比べるとやや取り付けに手間がかかります。浄水器の据え置き型を選ぶ際には、水に含まれているどのような物質を除去する目的で購入するのかを考えて選ぶのがおすすめです。また置き場所用の十分なスペースがあるか、シンク周りのサイズを確認してから購入すると失敗がありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *