据え置き型の浄水器のメリットとデメリット

据え置き型の浄水器は本体と蛇口を専用のホースで繋ぐタイプで、同じく使用頻度が高い蛇口直接型よりも、ろ過の性能が優れています。

その理由は本体が大きいため、その分、大型のフィルターが使用できるからです。この浄水力の高さが据え置き型の浄水器の最大のメリットですが、もう1つ、カートリッジの寿命が長い事がメリットに挙げられます。カートリッジは別名「ろ材」と呼ばれている代物で、基本的に活性炭と中空糸膜を組み合わせたアイテムです。このカートリッジによってカビや細菌、塩素や有機物を取り除き、水を美味しくします。カートリッジはその仕様上、定期的な交換をしなくてはならないです。これは全ての浄水器に共通しており、据え置き型も例外ではないですが、そのタイミングは1年に1回となっています。

おかげで「コストがかからない」と好評で、またリーズナブルな価格や工事不要な事もまたメリットです。使用する水に制限がなく、商品によってはアルカリ水など整水機能が備わっている場合もあるので、調理や飲み水にこだわりがある人に向いています。反対にデメリットは、専用の設置場所を設けなくてはならない事が挙げられます。「専用のスペースを設けて置いたものの、思ったよりもサイズが大きく、台所が狭くなった」という失敗談は後を絶たないです。本体のサイズを確認してもこうしたケースが発生する恐れがあるので、用心です。他にも本体と蛇口を繋ぐホースに汚れが溜まり、衛生的に問題が出るので、こまめに掃除するデメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *