浄水器の据え置きタイプとは

浄水器の据え置きタイプとは、本体に内蔵された繊維や活性炭、膜などを使ったフィルターを通して水を流すことによって水道水に含まれる不純物を取り除くことができる器械の1つです。

料理や飲み水として使用する場合にはキッチンの設置することが多く、フィルターの入った本体をシンクの近くに置いたり、壁に掛けたりして設置します。本体は、水道の蛇口とホースで繋げるようになっていて、水道のハンドルをひねると浄水器を通した水が蛇口から出るようになるのが特徴です。水道水を活性炭や繊維で作られているフィルターに通して、ろ過することで不純物を取り除く浄水器の据え置きタイプは、様々な会社から販売されている製品があります。それぞれ値段には幅がありますが、浄水にする能力は使われているフィルターの種類によって変わってきます。

またあまり多くの水を流すのではなく、少ない水量で使用した方が高い浄水能力を発揮させることが出来るのが特徴です。浄水器の据え置きタイプと似たような製品には整水器というものもあります。これは水をアルカリ性と酸性に分けてそれぞれの水を作ることができるもので、浄水を作る機能も備わっていることが多いです。浄水器の据え置きタイプの製品に使われているフィルターには色々なものがありますが、中でも多いのは化学繊維と活性炭を使っているものです。ミクロン単位という極小さな穴が無数に開いている化学繊維で不純物を取り除けるほか、活性炭によって塩素やカルキ臭を取り除くことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *