浄水器の据え置きタイプの良いところ

浄水器は据え置きをはじめ、様々な種類のものがあります。

ほとんどの家庭用の水道の蛇口に取り付けできる蛇口型と呼ばれるものから、ポットの中付いているカートリッジで水を綺麗にできるピッチャー型、キッチンのシンクの下に取り付けるビルトイン型など色々なものがありますが、中でも比較的手軽に導入できつつもそこそこの浄化能力がある浄水器といえば据え置き型です。シンクトップ型とも呼ばれるこのタイプは、フィルターがある本体をキッチンの流しの側に置いて使うことの多い製品です。水道の蛇口の先端と、フィルターが入った本体を、ホースでつないで使用するようになっていて機械が大きな分、フィルターも大き目のものを搭載することができろ過能力が高いという特徴があります。

浄水器の中でも据え置き型は比較的、浄水を作る能力が高い物が多く、製品の中にはアルカリイオン水や、料理に使うのに適している軟水を作ることができるものもあります。アルカリイオン整水器として売られているものもあり、これは胃腸症状の改善に役立つとされているアルカリイオン水を作ることができるタイプです。健康や美容に対する意識が高い人に注目されることの多い浄水器が据え置き型のものです。このタイプの製品は、本体の価格はピッチャー型や蛇口型のものと比べると高い傾向があります。そのため初期費用としては、ピッチャー型・蛇口型と比べると高めです。しかし長く使用することを考えるのなら、カートリッジの交換頻度は前述の2つのタイプに比べると少なくて良いのが魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *