浄水器の据え置きタイプの特徴

水道水に含まれる不純物や有害な物質を取り除く機能がある浄水器据え置きタイプは、ほかのタイプの製品と比べると比較的高価である場合も少なくありません。

またサイズを比較すると大きな場合も多く、導入する前には置き場所を確保しておく必要があります。しかしそれだけあって高い機能や優れた能力を持っている傾向があります。とはいえ浄水器の据え置きタイプの製品は、アンダーシンク型と呼ばれることもあるシンクの下に取り付けるタイプや、屋外に設置する必要があるセントラルタイプに比べると設置は割と簡単です。一般的には工事を依頼することなく自分で取り付けることができるので、高機能でありながらも設置がそれほど難しいわけではないのが特徴です。浄水器の据え置きタイプは本体をシンクの近くに置いて使用したり、壁に掛けて設置したりします。

蛇口と本体の間はホースで繋いで、水道の蛇口から水を出すことができるようになっていますが、原水と浄水を切り替えてどちらも出すことができます。蛇口に本体を取り付けて使用するタイプに比べるとろ過可能な水量が多いのが特徴です。またろ過能力も優れているので、浄水能力が高い製品を選びたいという人にも適しています。このような浄水器の据え置きタイプはアルカリイオン水や軟水を生成できる機能を持っているものも売られています。そうして生成した水を、料理や飲料といして気兼ねなくたっぷり使用したいという人におすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *