据え置き型の浄水器の特徴ってなに

水をより安全に利用するための浄水器ですが、さまざまな種類があります。

水回りの近くに設置する据え置き型や蛇口取り付け型、シンクの下にとりつけるアンダーシンク型など、それぞれに違った特徴があるため、使用用途に合わせて選ぶとよいでしょう。なかでも据え置き型の浄水器は、他のタイプと比較しても浄水機能が高く、より安全に水を利用することができます。水道の蛇口からホースを専用のタンクに通して浄水します。タンクなどを置くためのスペースが必要となってきますが、その大きさの分、水をろ過するろ材が多く使われているので、ろ過力が高いのです。ろ過できる水の量も、他のタイプと比べると多いので、家族が多いというご家庭では、据え置き型の浄水器が一般的に使われています。また、多機能なものが多い据え置き型の浄水器には、整水機能がついているものもあります。

整水とは、水道水をアルカリ性や酸性に変える機能のことです。味が良い言われているアルカリ性に変えたり、除菌効果がある酸性に変えたりできれば、水の使い方も広がることでしょう。そして、他のタイプと比べての何よりのメリットが、ランニングコストの低さです。据え置き型は価格として、約1万円台のものから10万円以上するものまであります。ただ、浄水するために使っているろ材(カートリッジ)の交換があまり必要ありません。カートリッジ自体の価格もそこまで高くはないので、メンテナンスについての維持費用が安くて済みます。浄水器を選ぶ際には、その種類の特徴を理解したうえで、設置場所の確認や機能性についても調べておくと、自分の用途に合ったものを選ぶことができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *