据え置き型の浄水器は設置スペースに注意しよう

近年では浄水器を導入する家庭が非常に多く増えてきました。

蛇口に直接つける蛇口直結型や据え置き型、アンダーシンク型の主に三つが主流となっています。これらの三つのタイプはそれぞれに特徴やメリットが違い、費用やメンテナンスなどにも大きな差が出てくることでしょう。自分にとって使い勝手の良い浄水器を選ぶためには、それぞれの特徴を理解することが大切です。手軽に利用できるものが蛇口直結型と呼ばれるもので、自分で器具を取り付けてすぐに使うことができます。工事をすることもないため、賃貸物件でも取り入れやすいのも一つの特徴といえるでしょう。その一方で、機種により工事が必要になるケースがあるものが据え置き型です。工事不要のものもありますが、工事が必要となるタイプは、本格的な機能が備わっているものが多く見られます。

水のろ過性能が高かったり、軟水やアルカリイオン水などに整えられるものもあるでしょう。水に大きなこだわりを持つ場合には、工事が必要でも据え置き型タイプを選ぶのがよいといえます。据え置き型の浄水器を選ぶ際には、注意しなければならないこともあります。それは設置スペースの確保ができるかどうかを確認することです。据え置き型の場合にはシンクの上に器具を置き使用することになるので、キッチンに十分な余裕がなければ邪魔になってしまう可能性もあります。シンクの上に余裕がないのであれば、シンクの下に器具を置くタイプを検討するのも一つの手段となります。
据え置きの浄水器のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *