「据え置き型浄水器」について

浄水器は、水に含まれている不純物を取り除いて、安心安全な水にすることができます。

日本では安全な水にする目的で水道水に塩素が加えられていますが、この塩素は、水中のほかの物質と結びついて問題を起こす原因にもなります。たとえば、アンモニアと結びついてカルキ臭が発生したり、有機物と反応してトリハロメタンが発生したり。このトリハロメタンは、発がん性の疑いがあるといわれている化学物質です。

浄水器は、こうした有害物質やウィルスなどを活性炭やセラミックなどのフィルターで取り除き、安心安全でおいしい水にします。浄水器には、「蛇口直結型」「据え置き型」「ビルトイン型」「セントラル型」「ポット型」などの種類がありますが、手軽においしい水が欲しいという人には「据え置き型」がおすすめだそうです。据え置き型は、蛇口と浄水器をホースでつなぎ、本体はシンクの上に設置します。

ある程度の大きさがあるのでスペースが必要になりますが、近頃では、性能はそのままでコンパクトに設計されたものや、デザイン性に優れたものもあるそうです。フィルターも比較的大きめなので有害物質を除去する能力は高いです。そのうえフィルターの寿命も1年程度と長いので、交換する頻度(手間)が少ないというメリットもあります。機種によっては、軟水やアルカリイオン水を作り出せるものもあるので、安心安全だけでなく、料理や身体への意識が高い人にもおすすめでしょう。据え置き型は取り付けられる蛇口が決まっていますが、基本的には工事なしで取り付けられるそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *