据え置き型の浄水器は高性能で使いやすい

浄水器にはいくつかタイプがありますが、家庭用として人気があるのがコンパクトで取り付けやすく低価格なものが多い蛇口直結型です。

ただ、フィルターの容量が小さいためカートリッジの交換頻度が2~4ヶ月に一回必要で、メンテナンスの手間やランニングコストが意外と大変ということもあります。もっと楽に浄水器を使いたいという場合には、据え置き型も向いています。据え置き型は蛇口直結型に比べると価格が高めで、シンク脇などに設置して使用するためスペースが必要というデメリットがありますが、浄水能力が高くカートリッジの寿命も一年以上のものがほとんどです。

少ない手間で長く使うことができるため、忙しい人でも安心です。また、据え置き型はろ過流量が多いというのもメリットです。ろ過流量というのは水道水をろ過するのに適切な水の流量のことで、これを超えて出すと浄水の効果が落ちてしまいます。蛇口直結型はろ過流量が少なめなので、浄水器の性能を正しく発揮しようと思うとあまり水を出せません。反対に、据え置き型なら流量が多くても性能が発揮できるので、お米や野菜を洗うときにもストレスの無い量で水を出せます。設置スペースの問題がある据え置き型の浄水器ですが、コンパクトな製品や圧迫感の少ないデザインも登場するなど、利用しやすいものも増えています。購入するには難しい価格のものも、レンタルで利用できる場合があるので、意外と簡単に使い始めることも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *