据え置き型浄水器のメリット

飲料用も調理用も、お水は安全で美味しい方が良いですよね。

キッチンに浄水器を設置する家庭も多くなりましたが、浄水器には2種類あるのをご存知でしょうか?一つ目の「蛇口直結型浄水器」は、蛇口の水が出る部分に文字通り直接浄水器を取り付けるタイプです。賃貸でも取り入れられている事が多いので、知人宅で見たり、実際に利用したことがある方も多いのではないでしょうか?蛇口に取り付けられているので、スタイリッシュで幅も取らず、また浄水と原水の切り替えもワンタッチなので使い分けやすく、扱いやすいのが特徴です。

しかし、コンパクトで場所を取らない一方で浄水に必要なカートリッジが小さくなってしまうという面があり、一つのカートリッジで浄水可能な期間が短くなるというデメリットがあります。その点、もう一つの「据え置き型浄水器」であればカートリッジの交換時期が長くなることはもちろん、高い浄水力が期待できます。カートリッジの交換を忘れてしまいそうだったり面倒だったりする場合という方には、据え置き型をオススメします。また、据え置き型の中にはアルカリイオン水を出せるものや、軟水を生成できるものもあるため、お料理にこだわりたい方や赤ちゃんのミルク作りにも役立ちます。据え置き型だと場所を取りそう、邪魔になりそうと思われるかもしれませんが、近年のものは高い浄水機能はそのままにコンパクトな設計となっているものが多く、デザイン性にも優れたものがたくさんあります。せっかく設置するのですから、機能性の良い物を選びたいですね。
据え置きの浄水器のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *