一人暮らしで利用する浄水器を選ぶポイント

家庭できれいな美味しい水を利用するのに役立つ浄水器は、一人暮らしでもあると便利なものです。

しかし、浄水器ならどれでも良いというわけではなく、種類や製品によって形も性能も異なり使い勝手が違うため、事前に検討してから購入することが大切です。特に重要なのがフィルターで、使用されている素材によって除去できる不純物に違いが出てきます。水道水の不味さの原因となる残留塩素やカビを取り除く以外にも、有害物質を取り除ける性能の良いものを選べばより安心して水を使うことができます。浄水器は安価なものもあり、ホームセンターや通販でも購入できます。

特にポット型は設置する手間もなく使用できますし、蛇口直結型は簡単に取り付けられるので一人暮らしでも導入しやすいタイプです。ところが、これらの本体価格がお手頃なタイプはカートリッジの寿命が短く2~3ヶ月ほどの期間で交換する必要があるのが欠点です。もし交換せずに使い続けるとフィルターに不純物が詰まりますし不衛生になってしまいます。据え置き型は本体が高額なので導入コストは高いものの、カートリッジの寿命が長く一年程度は使えるので、ランニングコストやメンテナンスの手間が省けます。また、容量が大きいので水の使用量が多い人に向いていて、一人暮らしでも頻繁に料理をしたい人などにおすすめできます。ただし設置スペースを取るので、狭いキッチンでスペースの余裕がないという人には向きません。
一人暮らしの浄水器のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *