浄水器を用意して安心な一人暮らしを

一人暮らし用のアパート等は、一見内装がキレイにリフォーム済みでも、老朽化した水道管を使用していることがよくあります。

水道水へ古くなった水道管の成分が溶け出したり、サビなどが紛れ込むこともあり心配です。ペットボトルのミネラルウォーターも安価で手に入る安心な水ですが、長期的に見た場合、浄水器はとてもコストパフォーマンスが良いと言えます。一人暮らしの自宅でも安全においしい水を飲むために、浄水器を用意しておくと安心でしょう。.浄水器は、機能や性能などタイプがたくさんあり、ライフスタイルに合わせて選ぶことが重要です。種類は大きく分けると「据置タイプ」と「蛇口直結型」「ポット・ピッチャー型」があります。据置型は、シンク周りなどに設置して使います。

本体内部で水道水をろ過し、ほとんどの蛇口に対応可能です。シンク周りに、本体を水平に置ける場所を確保する必要があります「蛇口直結型」は、蛇口の先に取り付けるタイプです。汎用性が高く、ろ過するフィルターやカートリッジの種類も豊富で場所を取りません。.手軽な「ポット・ピッチャー型」は、活性炭などのフィルターが設置されている水筒型の容器でろ過します。安価で手に入れられ、安全な飲み水を手軽に作れるのがポイントです。蛇口直結型やポット・ピッチャー型は、フィルターの寿命が短めなので、定期的なメンテナンスやフィルター交換が必要です。一人暮らしで浄水器を用意する際は、置き場所の確保と使用頻度や目的などに合わせて選ぶことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *