肌の悩みがあるなら美容皮膚科に行こう

化粧品では治せない肌トラブルがあるなら、美容皮膚科へ行くことをお勧めします。

例えば、シミになってしまった時には、自宅のケアだけで治すことは難しいです。肌の奥の真皮が傷ついている状態ですので、化粧品を使って治すことはできません。そのような肌の悩みがある時には、美容皮膚科でレーザー治療をした方が良いです。シミを消す為には、レーザーを照射して、肌の表皮を削ります。麻酔クリームを塗った後に、レーザーを照射するので、ほとんど痛みは感じません。

人によっては、ゴムで弾かれるような痛みを少しだけ感じることもあります。皮膚を削ることで、シミの部分を薄くすることができます。しかし、表皮を削ったことで、肌を守ることが出来なくなってしまいますので、ガーゼを付けて自宅に帰ります。肌を傷つけない為には、1週間程家からはあまり出ない方が良いです。どうしても自宅から出なければならない時には、ガーゼを付けて、マスクをしてから紫外線に当たらないように気を付けることが大切です。

紫外線に当たってしまうと、色素沈着してしまう可能性が高くなります。1週間程過ぎた後は、外出することも出来るようになりますが、必ずUVカットのクリームなどを塗ってから出かけた方が良いです。日傘を使ったり、帽子を被って、なるべく紫外線に当たることを防止することが大切です。シミが出来た時には、自宅の化粧品でケアよりも、美容皮膚科の治療の方が効果があります。

銀座でレーザー脱毛するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です