二重の美容整形である埋没法について

手軽に出来る美容整形手術の一つが二重整形であり、特にお手軽で安価に二重にする事が出来ると言われているのが埋没法と呼ばれる方法です。

この美容整形はプチ整形の一種であり、メスで切開する事もなく施術時間は10分程度で済みます。費用は大体の所は数万円で行う事が出来ますが、安い所だと1万円程度でも施術する事が可能で、学生のお小遣い程度でも気軽に美容整形できるという点が魅力となっています。どのように施術を行うのかというと、まぶたを医療用の糸で縫って固定するという方法です。何箇所で留めるのかでも料金は変わりますが、2点留めか3点留めがポピュラーです。

留める箇所が多くなるほどしっかりと縫い合わせて糸が切れにくくなりますが、その一方で縫う箇所が増える分だけ施術をした直後の腫れが目立ちやすく、料金も高くなります。一方で、留める箇所を減らしていくと逆に腫れが目立たなくなり料金も安くなりますが、糸が何かの拍子で切れやすくなります。埋没法によって二重にするのは、簡単でお手軽な美容整形なのですが、トラブルになるケースもあるので注意は必要です。

自分が思っていたようなラインで二重にならない、左右のバランスがおかしくなってしまう、糸が眼球を傷つけてしまった、などといったトラブルも時々あります。必要以上に神経質になる事はないですが、いくらお手軽であるとは言っても自分の身体に関わる事となるので、その点についてはしっかりと認識しておいた方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です